三十三銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?ATMでも可能?

三十三銀行新札

新札に両替をしたいとき、みなさんはどのような方法で両替しますか?

色々な行事があると新札にしなければいけないこと多々あります。

新年度や年始めは特に必要になってきます。

両替の方法はいくつかありますが、やはり1番確実なのは銀行を利用することではないでしょうか。

今回は東海・近畿地方に支店を多く持つ「三十三銀行」について調べてみました。

三十三銀行は三重県に多く支店がある銀行です。

今回は、三重県に多くある三十三銀行で新札に両替する方法を紹介していきます。

手数料は?時間外は?ATMでは?

色々な視点から両替する方法を紹介していきます。

 

三十三銀行で新札(ピン札)に両替する方法

新札両替

三十三銀行で新札に両替する方法は、以下の1通りです。

『銀行窓口を利用する窓口にて新札両替する』

方法はこれのみだそうです。(2022年4月現在)

手数料は

窓口にて、両替する場合、同金種で両替なのか、異金種で両替なのかで手数料の考え方が変わってきます。

  • 同金種・・・1万円札を新札1万円札に両替する。
  • 異金種・・・1万円札を新札5千円札2枚に両替する。

同金種の場合は、50枚までは手数料がかかりません。

51枚〜500枚で550円の手数料がかかります。

そして、501枚からは50枚ごとに550円プラスされます。

異金種の場合は、1枚〜500枚で550円の手数料がかかります。

そして、501枚からは同金種と同様50枚ごとに550円プラスされます。

窓口と両替機おすすめは

三十三銀行の場合は、両替機がありません。

窓口での両替をするしかないそうです。

 

三十三銀行で時間外・休日に両替する方法は?

銀行窓口

では、時間外に新札が必要になった場合には、三十三銀行で新札に両替する方法はあるのでしょうか。

答えとしては、時間外・休日には一切両替できない、です。

ATMが稼働していても、ATMで新札が出てくる可能性は100%ではありません。

平日の時間内に窓口が空いている時間内で両替しましょう。

 

三十三銀行のatmで新札に両替できる?

銀行ATM

 

先ほどもお伝えしましたが、ATMで新札に両替しようとしても確実ではありません。

たまたま新札が出る可能性はあるかもしれませんが…。

銀行のATMでたまたま新札がでた!という声も良く聞かれますが、新札を手にした方は皆、『ラッキー』だったという感想です。

必要な時はなかなか思うようにいかないこともありますよね。

やはり必要な時には事前にしっかり準備が必要ですね。

 

三十三銀行の口座がなくても新札に両替できる?

銀行窓口

三十三銀行に口座がなくても新札に両替することはできます。

両替が必要な時に口座が必要になる銀行もありますので、その点においては親切ですね!

急いで駆け込んでも、三十三銀行なら口座がなくても対応してくれます。

 

まとめ

新札両替

今回は、「三十三銀行」で新札に両替する方法をご紹介しました。

口座があるなしに関わらず、窓口で両替するしかないみたいですね。

また、窓口は混雑する場合もあるので、新札に両替したい場合は、余裕を持って行動した方が良さそうですね。

以上で、「三十三銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?ATMでも可能?」のご紹介を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 6 =