山形銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?atmでも可能?

山形銀行両替アイキャッチ

キャッシュレス化などが進み、現金を持ち歩く機会が減ってきましたが

まだまだ現金が必要な場面ってありますよね。

冠婚葬祭やお年玉など新札が必要な機会も沢山あると思います。

そんな時に都合よく新札がお財布に入ってるわけでもないので両替をしなければなりません。

ですが、いざ両替をするとなるとどうやって両替をするのか、手数料は?など

気になる点がいくつかあると思います。

今回は、山形銀行で新札に両替する方法などをまとめてみました。

山形銀行とは山形県山形市に本店を置く中堅の地方銀行です。

マスコットキャラは手塚治虫作『ジャングル大帝』の主人公レオです。

 

 

山形銀行で新札(ピン札)に両替する方法

山形銀行で新札に両替する方法は、窓口での対応となっています。

平日9:00〜15:00までに窓口へ行き対応してもらいましょう。

 

手数料は

気になるのが手数料ですが、新札への両替も手数料が必要となります。

また、損券、損貨および記念硬貨の両替(記念硬貨→紙幣・硬貨)につきましても手数料が必要ですのでご注意ください。

手数料に関しましては下記の通りです。

窓口両替手数料・金種指定払戻手数料(消費税込)
1回あたりの両替枚数 手数料(円)
1枚~20枚 無料
21枚~1,000枚 550
1,001枚~2,000枚 1,100
2,001枚以上、1,000枚ごとに加算 550

 

両替機利用手数料(消費税込)
1回あたりの両替枚数 手数料(円)
1枚~100枚 200
101枚~500枚 300
501枚~1,000枚 400
1,001枚~1,500枚 600

両替機のご利用にあたり、両替枚数に応じた分の「100円硬貨」が必要になります。

山形銀行のキャッシュカード(ご本人様名義)を両替機のカードリーダーに挿入することによりカード1枚につき1日1回に限り20枚までは無料です。

山形銀行両替関連手数料

 

窓口と両替機おすすめは

必ず新札が必要な場合は、窓口のみでの対応なので窓口がお勧めです。

平日の9:00〜15:00にお近くの山形銀行の窓口で対応してもらいましょう。

 

両替機は何枚まで可能

両替機からの1回あたりの出金限度枚数は、

  • バラ紙幣の限度枚数:200枚
  • バラ硬貨の限度枚数:98枚(500円49枚・100円49枚
  • 包装硬貨の限度本(枚)数(両替機の機種により異なります):30本(1,500枚)または15本(750枚)

です。

ただし、両替機の機種や容量、金種の組み合わせにより上記出金限度枚数までのご両替ができない場合もあるので心配な方は予めお近くの店舗まで問い合わせるのがお勧めです。

 

山形銀行で時間外・休日に両替する方法は?

みずほ銀行新札

山形銀行で時間外や休日に両替する方法は残念ですが、ありませんでした。

両替するには、店舗へ行き窓口または両替機での両替になります。

山形銀行店舗検索

 

山形銀行のatmで新札に両替できる?

新札両替

残念ですが、山形銀行のATMでは新札に両替はできません。

通常の両替も、両替機での対応になりますのでご注意ください。

 

山形銀行の口座がなくても新札に両替できる?

銀行窓口

山形銀行の口座が無くても、窓口であれば新札に両替はできるそうですが取引がないお客さまは、両替の受付をお断りさせていただく場合があるそうなので注意が必要ですね。

また、両替機だと山形銀行のキャッシュカードを持っている方のみにはなりますがカード1枚につき1日1回に限り20枚までは無料です。

なので通常の両替のみの方は両替機もオススメです。

 

山形銀行で新札に両替する方法!まとめ

銀行窓口

いかがでしたでしょうか?

山形銀行は新札への両替も通常と同じ手数料が必要来ますので、新札を用意する際には手数料も計算に入れておくようにしましょう。

営業時間外や、休日の場合は両替が出来ませんので、ご予定の前に忘れずに用意しておきましょう。

しかも口座がないと両替してもらえない可能性があるので注意が必要です。

何かと新札が必要になる年末年始。

忙しくなる前に、しっかり新札を計画的に用意しておきたいですね。

今回は山形銀行で新札へ両替する方法をまとめてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =