気持ち悪いくらい毛穴パック取れすぎてヤバイ!毛穴に詰まった角栓・黒ずみ対策

毛穴パック

毛穴を気にする人なら一度はしたことのある「毛穴パック」。

角栓を剥がした後ってすごくスッキリするし、なんだかお肌が綺麗になった感じがしますよね。

しかし、このパックを使用すると毛穴が余計に大きくなったり、皮脂が詰まりやすくなってしまうと聞いたことはありませんか?

もしそうなってしまうと肌へのダメージが心配ですよね。

しかし、毛穴パックの商品はたくさん売られていますし実際のところどうなのでしょうか?

気になりますよね!

今回は、毛穴パックの真相や角栓や黒ずみを作らないようにするにはどうしたらいいかを解説していきます。

楽天高評価の毛穴パック一覧>>

 

毛穴パックで気持ち悪いくらい取れすぎるの?

毛穴パック

毛穴パックを剥がすと、透明の角栓(皮脂)が気持ち悪いくらい取れすぎますよね。

むしろ、こんなに取れて大丈夫かと心配になるときもあります。

この角栓の正体はなんでしょうか?

グロで恐縮!どろっとした透明の皮脂の正体

この透明の皮脂の正体は、角質(タンパク質)です。

角栓の約70%は角質であり、残りの約30%は皮脂と言われています。

どろっとしていているため、皮脂と思いがちでしたがほとんどが皮脂ではなく角質とは驚きですね。

では、その角質が形成される原因はなんでしょうか?

毛穴の奥に角栓が形成される原因

その原因は、よく耳にする「ターンオーバー」の乱れです。

ターンオーバーとは、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みのことを言います。

このターンオーバーは健康な肌の場合約4週間で起こると言われています。

そして、ターンオーバーが乱れると肌が乾燥したり、荒れたりします。

また、角栓ができる多くの原因は乾燥と言われています。

肌は乾燥すると、ターンオーバーが速くなり結果として角質が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

ターンオーバーがちゃんとした周期で来ると、角質は自然と垢となって剥がれ落ちます。

しかし、ターンオーバーが速くなると角質は乾燥して剥がれ落ちる機能を失ってしまいます。

そうして、この剥がれ落ちなくなった角質が角栓となって毛穴に詰まるのです。

そして、角栓が酸化したものが黒ずみとなっていきます。

 

毛穴パックを使うと毛穴が大きくなるって本当?

毛穴パック

さて、気になる毛穴パックが毛穴を大きくしてしまうかどうかですが、、、、

答えは、NOです。

パックを剥がした後毛穴は元々あった角栓が取れるため大きく見えることがありますが、毛穴のサイズはパック前後で変わりません

実際のところ、角栓によって押し広げられていた毛穴が角栓が取り除かれることよって本来のサイズに戻るため継続して使用することで本来の毛穴のサイズを保てるといえます。

また、一回では取り除けないため継続することで毛穴が目立たなくもなります。

毛穴パックにあまりいい印象はありませんでしたが、メリットがかなり感じられますね。

しかし、気をつけないと肌へのダメージになることがあります。

 

毛穴パックは肌へのダメージが心配!対策は?

肌ダメージ

毛穴パックは肌へのダメージが心配ですよね。

角栓自体は弱い力で取れるものです。

パックをする際は以下に気をつけましょう。

  • 無理に角栓を取ろうとしない
  • パック後はしっかり保湿をすること
  • パックは週1回程度にとどめてとどめておく

角栓が取れなかったといって、無理に手などで取ろうとしてはいけません。

長時間取れない角栓は取れませんので、日頃から根気よく適切な洗顔やパック、ピーリングなどでケアしましょう。

パック後は肌が乾燥しやすくなるためしっかり保湿をしてくださいね。

保湿をすることで毛穴が引き締められ、新たな角栓を防ぐことができます。

また、週1回以上は肌への負担が大きくなるため、ニキビや湿疹などトラブルのリスクが高まります。

使いすぎはデメリットしかないため、使用頻度はしっかり守ることが大切です。

楽天高評価の毛穴パック一覧>>

 

毛穴パックの効果的な使い方

パック

毛穴パックにも種類が2種類ほどあります。

種類によって使い方も異なるため、分けて解説します。

剥がすタイプと塗る洗い流すタイプの2種類です。

剥がすタイプの使い方

  1. あらかじめ洗顔をしておく
  2. シートを貼る部分を濡らしておく
  3. 空気が入らないよう注意して貼る
  4. シートが乾燥するまで待つ
  5. シートが乾燥したらゆっくり外側から剥がす

塗るタイプの使い方

  1. あらかじめ洗顔しておく
  2. 顔についた水分をとっておく
  3. クリームやジェルを塗る
  4. 10~15分乾燥させる
  5. 洗い流す

いずれの方法もやゆっくり剥がすことや時間をきちんと守ることで肌へのダメージを減らせます。

洗い流すタイプの方が一般的には肌への負担が少ないと言われています。

ちなみに私はクレイ(泥)の洗い流すタイプをよく使っています。

やはり使いすぎや、時間の置きすぎは肌の乾燥などを引き起こすので負担が少ないタイプでも使用方法を守ることが大切だと思います。

 

角栓・黒ずみを作らない4つのポイント

ポイント

そもそも角栓・黒ずみを作らないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

クレンジングをきちんと行う

まず、メイクをきちんと落とすことが大切です。

帰宅が遅かったり疲れているとメイクを落とさないで寝てしまうことがあると思いますが、絶対にNGです!

クレンジングと洗顔は肌を健やかに保つために最も大切なことです。

肌の洗いすぎやゴシゴシはNG

角栓を取りたいからといって、ゴシゴシ擦ったり洗いすぎるのは肌を傷つけるだけです。

摩擦を減らすために泡で丁寧に洗うようにしましょう。

また、洗顔は朝・晩の2回が基本です。

洗いすぎは乾燥を招く原因になります。

そして、必ずぬるま湯で洗うようにしましょう。

お湯で洗うと必要な皮脂まで流してしまい、さらなる乾燥を招きます。

睡眠不足は危険

睡眠不足は肌のダメージを修復するホルモンを低下させます。

その結果、皮膚は乾燥するのにベタつくという肌状態にしてしまいます。

食生活に気をつける

動物性タンパク質や脂質、糖分の多い食品の取りすぎは過剰に皮脂が分泌される原因になります。

綺麗は内面からと言いますものね。

食事も大切です。

 

気持ち悪いくらい毛穴パック取れすぎてヤバイ!記事まとめ

パック

毛穴パックについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 角栓の正体は、角質(タンパク質)だった
  • 肌の乾燥は角質の詰まりを引き起こす
  • 毛穴パックで毛穴は大きくならない
  • 毛穴パックのやりすぎは禁物
  • 毛穴パックの使用方法を守る
  • 角栓や黒ずみを作らないようにするには、日頃のケアが大切

肌を綺麗にするつもりが、使用方法を誤ったりすることでデメリットとなることもあります。

また、日頃からのケアが一番大切でしたね。

皆さんも今一度ケアを見直してみてはいかがでしょうか?

楽天高評価の毛穴パック一覧>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen + seventeen =