大分旅行で必ず行きたい見どころ名所10選!実際訪れたレビューを紹介

大分旅行で必ず行きたい見どころ名所10選そして実際に訪れたレビュー・感想も紹介していきたいと思います。

大分はここ4年間で5回ほど訪れた県でもあり、九州で人気があるおすすめの県でもあります。

大分旅行見どころのある場所は多数ありますが、自然が溢れており遊べるスポットや温泉でリフレッシュできるところなど数多く存在します。

大分に行ったあとは嫌なことも忘れることができるくらい楽しめる本当におすすめの県になります。

それでは紹介していきます。

 

大分旅行でおすすめ名所10選!

大分県にはたくさんの見どころがありますが、ここでは私がおすすめした大分県の名所を紹介したいと思います。

1位 宇佐神宮

宇佐駅から車で約10分。

『宇佐神宮(うさじんぐう)』は日本全国の「八幡宮(はちまんぐう」で祀られている「八幡神」の起源とされている神社なんです。

大分県の宇佐神宮は、奈良時代、聖武天皇が天皇になった翌年725年に造立された八幡さまの総本宮です。(全国4万社以上ある八幡宮の総本社)

『USA』という駅名標が「アメリカにきたみたい」と話題沸騰しました。

一般的な神社の参拝方法は『2礼、2拍手、1礼」ですが、宇佐神宮は『2礼、4拍手、1礼』という作法で参拝します。

『一生に一度だけ願いを叶えてくれる』 → 『腰掛け地蔵』さま

EXILE(エグザイル)のメンバーがヒット祈願した → ご神木

踏むと幸せになれるという → 夫婦石

女性に人気のパワースポットがこんなにあります!

営業時間:5:30〜21:00(閉門、10月〜翌3月は6:00〜)

所用時間:30分

2位 明礬温泉

別府の町の高台に位置する『明礬温泉』。

大分の中でも有名なこの温泉はバラエティー番組世界の果てまでいってQでも紹介があっているのを見かけました。

有名なのは「明礬 湯の里」に設けられた「大露天岩風呂」は標高350m。

数ある別府の湯の中で最も高台にある、眺望自慢の露天風呂なんです。

他にも明礬温泉のシンボルとも言える『湯の花』では噴気を利用した天然の湯の花が作られていて、その製造工程も無料で見学可能なんです。

江戸時代から続く製法は国の重要文化財にも指定されているくらい地元民に愛される温泉なんです。

そこで売られている天然の湯の花の入浴剤は、自宅で本場さながらの温泉気分を味わえるとあって、観光のお土産にも人気です。

3位​​ SNS映え抜群!「恋叶ロード」をドライブ

大分県豊後高田市『恋叶ロード』(こいかなロード)は、インスタ映えする恋愛成就スポットが満載の、海沿いドライブコース。

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ロケ地になった大分県豊後高田市(ぶんごたかだし)「昭和の町」から「花とアートの岬・長崎鼻」まで国道213号海岸線の20kmほどの近距離に真玉海岸、栗嶋社(あわしましゃ)のある粟嶋公園などの恋愛成就スポットがぎゅっと詰まっているんです。

真玉海岸は日本の夕景百選に選ばれ、大分県内では唯一、水平線に沈む夕日を臨めるスポットと言われています。

普通の海岸と違うのは、干潮時でも浜に海水が帯状に残り、夕暮れには黄金色に染まった縞模様が臨める点。独特の幻想的な光景で、多くの写真愛好者も集まるスポットです。

また、粟嶋社は岬の先端に社がつくられた全国的にも珍しい神社。縁結びの神さまとして知られ、多くのカップルや夫婦が訪れるスポットです。

サイクリングも楽しめるスポットとして有名ですので、少し立ち止まって有名スポットを回ってみるのも楽しいかもしれませんよ!

4位 金鱗湖

由布院駅から徒歩約20分の場所にあります。

見学は自由となっています。

由布院のシンボルとなっている観光スポットになります金鱗湖ですが、『金鱗湖』は温泉水の混ざった温かい湖で気温の低い日の朝方などには湯気が立ち上がる幻想的な姿を見せてくれます。

水がとても透き通っているため、周りの風景が水面に反射して幻想的な景色を作り上げます。

温泉の湧く湖で岳本の池ともいうそうです。

春の新録、秋の紅葉、冬の霧と四季折々で姿を変える風景と湖周辺には散歩道やカフェなどがあり、朝の散歩にはぴったりです。

早起きして見学する価値ありです。

5位 別府温泉 杉の井ホテル

大分空港よりタクシー約45分。別府駅よりタクシー・路線バス約10分。大分自動車道別府ICより約5分。

大分空港よりタクシー約45分。別府駅よりタクシー・路線バス約 10分、大分自動車道別府ICより約5分。

大分といえばこのホテルと言わんばかりの満足度No. 1のホテルです。

大展望露天風呂『棚湯』と水着で遊べる露天型温泉施設『ザ アクアガーデン』や屋内プール「アクアビート」(期間限定営業)など楽しめること間違いなしの九州の温泉リゾートです。

宿泊のお客様ご利用無料となっています。

夜はバイキングが行われ一流シェフの料理を満足いくまで堪能できるので大分に来た際にはこのホテルを使ってみてください。

6位 湯の坪街道

昔懐かしのレトロな雰囲気が特徴の「湯の坪街道」には、行列必死のスイーツ店やおしゃれな雑貨屋さん、お土産屋さんなどが数多く立ち並んでいます。

『由布院Milch(ミルヒ)』の濃厚ソフトクリームや、サクサクジューシーな「金賞コロッケ」など、『湯の坪街道』を訪れたなら堪能していただきたいグルメがたくさんあります。

また、飲食店や土産店が立ち並ぶエリア、ご当地グルメやお土産を探しているならぜひ立ち寄りましょう。

スイーツや地酒、ハンバーガーに名物のとり天など、大分グルメが勢揃いしています。

7位 豊後高田「昭和の町」

昭和30年代の街並み再現し、映画のロケなどでも使われている豊後高田市の商店街で国東半島一の賑やかな町として栄えていました。

古い建物が7割も現存し、その中にある昭和を体感できる博物館が昭和ロマン蔵で、懐かしいブリキのおもちゃや昭和の今を再現した展示スペースなど懐かしさ満載の蔵内は、昭和を生きた世代はもちろん、子供たちもワクワクすること間違いなし。

駐車場やバスターミナル近くにあるため、豊後高田観光の拠点とすることもできます。

街中には駄菓子の夢博物館など他にも見所がたくさんです。

8位 うみたまご

営業時間 9:00〜17:00(閉館18:00)、11〜翌2月〜16:30(閉館17:00)、期間限定の夜間営業あり

別府湾に隣接するうみたまごのコンセプトは『空間を楽しめること』『生き物と触れ合えること』『景色を楽しめること』の3つ。

『動物と仲良くなる水族館』を合言葉に、セイウチやイルカのパフォーマンスなど生き物たちを身近に感じることができる工夫が盛り沢山。

ここに飼育展示されている生き物は、およそ500種。海の生き物だけでなく、海に近い立地を生かした美しい景色や美術館を思わせる建物・証明など、見どころの多い水族館です。

高さ8m、周囲65mの巨大水槽『大回遊水槽』には豊後水道や別府湾などに生息する約90種1500匹の魚が泳ぐ姿を見ることができます。

また、2015年オープンの「あそびーち」では砂浜に裸足で入り、プールの浅湯でいる形を間近に観察することができます。いきものが自由に泳ぎ回り、よってきたイルカたちと触れ合うこともできます。

大人も子供も1日中遊ぶことができるうみたまごにぜひ立ち寄ってみてください。

9位 九重”夢”大吊橋

JR由布院駅から車で約50分。

『九重”夢”大吊橋』は、高さ390m、高さ173メートル、幅1.5m。

歩道専用としては日本一の高さを誇る吊橋です。四季折々の情景を楽しめること間違いなしです。特に秋の紅葉シーズンが大人気。

鉄骨を使った金属製の格子になっているので渡るときのスリルもまた格別です。あの高さは足が震える人もいるかもしれません。

『天空の散歩道』と言われる道中はまるで空中散歩しているような感覚です。

あきは360度広がる紅葉の大パノラマを見ることができるため、タンミングがあればぜひ訪れたいところになります。

巨大な吊橋ですが、往復しても13分。

写真を撮りながらゆっくり歩いても、20〜30分程の所要時間です。

入場ゲート付近には食事や買い物を楽しめる『天空館』があり、ここの『九重”夢”バーガー』が絶品です。

営業時間8:00〜16:30(閉店17:00)、7〜10月 〜17:30(閉店18:00)

10位 耶馬溪

大分県中津市の『耶馬溪』は景勝地として知られ、日本三代奇勝や新日本三景の1つに選ばれています。

日本最古の有料道路と言われている「青の洞門」などがある「本耶馬溪」、切り立った雄大な岩が素晴らしい一目八景がある「深耶馬溪」、温泉やすっぽん料理が楽しめる「裏耶馬溪」、国指定天然記念物に指定している耶馬溪猿飛の甌穴群がある「奥耶馬溪」など見どころ多数の観光名所です。

鉄道配線を利用したメイプル耶馬サイクリングロードで、自動車を走らせながら景色を楽しむのもおすすめです。(所要時間:2時間〜)

1年中いつでも魅力的ですが、特に秋の紅葉の美しさは格別です。

 

大分旅行レビュー感想

私が大分にこれまで5回ほど訪れたことがあると冒頭部分でお話ししました。

大分には、九重のような自然があり、地獄めぐりのような観光スポット、おんせん県と言われるくらい温泉が湧き出てくるその土地独自の底力だったりと面白い部分が多いと感じています。

大分での1番の思い出は、宇佐神宮とのコラボでteam raboが大きな風船に色をつけてアートを楽しむ会を開いていたことです。

宇佐神宮という700年代にあった古い日本を代表する神社に幻想的なアートが突如出現したことによって多くのお客様を喜ばせていたと思いました。

季節・期間

おすすめの季節は冬、秋がおすすめな季節期間です。

福岡発

車での所要時間

別府 2時間

由布院 1時間30分

宇佐神宮 1時間45分

服装

秋、冬の服装

別府に行く際には海が近いこともあり、潮風が強く吹くことがあります。

由布院は自然豊かな場所でありますので寒かったり暑かったりと変化が激しいと思います。

基本的に重ね着をしてうまくその時その時に合わせてコーデを楽しめたらと思います。

金額

金額は人それぞれですが、トータルで3万円ほどあれ交通費込みで楽しめるのではないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

個人差があり多少誤差はありますが、大分には色々と見るところがあり楽しめる場所が多く存在しています。

温泉があり、美味しい料理や楽しいテーマパークなど大人から子供まで楽しめる場所になっています。

九州の中でも楽しい美味しい嬉しいが揃った県ではないかと思います。

時間がある方はぜひ大分に遊びに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + nineteen =