南都銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?atmでも可能?

ご祝儀やお年玉を渡す際など、どうしても新札が必要な時ってありますよね。

そんな時は銀行で新札に両替する方が多いと思います。

今回は銀行の中でも関西の6府県に営業支店を持つ、南都銀行にスポットを当ててみました!

手数料はいくらかかるのか、時間外はどうするの?

また、atmでも新札に両替できるのでしょうか?

今回は知っておくと便利な南都銀行での新札両替について、詳しく調査しまとめました。

ぜひ最後までご覧ください。

 

南都銀行で新札(ピン札)に両替する方法

南都銀行で新札に両替することはできます。

その際のポイントについて説明していきますね!

 

手数料は

南都銀行の口座を持っていると窓口で10枚まで無料で両替できますが、それ以外は手数料がかかります。

これは新札に限らず普通に両替する際も同じです。

窓口で両替する際に、南都銀行でに口座を持っていない人や両替する枚数が11枚以上だと手数料がかかります。

手数料は口座を持っていなければ1から10枚までが550円。

11枚以上は口座の有無に関係なく手数料がかかり、11からは500枚が550円です。

そして501から1000枚だと1100円で、それ以上は500枚ごとに550円加算されます。

 

窓口と両替機おすすめは

南都銀行で両替機を使う場合は両替カードが必要です。

こちらを利用するには年間手数料がかかり、その金額は13200円です。

頻繁に利用する方はいいのですが、たまに利用する方には割高に感じますよね。

そして両替機は新札が入れられていることが多いですが、必ず新札が出てくるという保証はありません。

確実に新札が欲しいなら窓口を利用しましょう。

 

両替機は何枚まで可能

両替機での枚数制限はありません。

たくさん両替したい方には便利ですよね!

 

南都銀行で時間外・休日に両替する方法は?

お札

時間外や休日は窓口での両替はできません

あくまで奥の手としてですが、atmで新札に両替できる可能性がある裏ワザがありますので、次に説明していきますね!

 

南都銀行のatmで新札に両替できる?

ATM

atmだと時間外や休日も利用できますが、新札に限らずatmでの両替はできないので注意してください。

どうしても必要な場合は、南都銀行のatmで入金と出金を繰り返していれば新札が出てくることもあるようです。

しかし新札が補充されている場合に限り、必ず新札に両替できるわけではありません。

また手数料がかかることなどデメリットも多いので、奥の手として使ってくださいね。

 

南都銀行の口座がなくても新札に両替できる?

なぜ痩せるの?

南都銀行では口座がなくても新札に両替することができますよ。

ただし手数料がかかり、1から10枚でも550円かかります。

11からは500枚が550円です。

501枚から1000枚だと1100円で、それ以上は500枚ごとに550円加算されます。

いずれも窓口での申請になりますので、時間内に銀行窓口で両替を行ってくださいね。

 

南都銀行で新札に両替する方法!まとめ

まとめ

  • 南都銀行では口座を持っていると10枚まで手数料無料で両替できる
  • 口座を持っていない場合は10枚までだと550円円で両替可能
  • 11枚以上は口座の有無に関係なく手数料がかかる
  • 両替機は両替カードがないと利用できず発行量は13200円
  • 両替機やatmは必ずしも新札が出てくるとは限らない
  • 時間外や休日はatmで入出金を繰り返していれば新札が出ることもあるがデメリットがありおすすめはしない

いかがでしたでしょうか?

南都銀行では新札に両替する際は窓口で両替することが確実ですので、なるべく前もって両替を行った方が良さそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five + twenty =