みなと銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?ATMでも可能?

みなと銀行のアイキャッチ

結婚や入学などで御祝儀を包む際必要になるのが新札

普段生活していて、新札が巡ってくることはほとんどありません。

そのため、銀行へ両替に行かれる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、兵庫県に多くの店舗がある第二地方銀行「みなと銀行」での新札への両替方法について調べてみました。

世間では”硬貨の両替に手数料がかかるようになった”と騒がれていますがみなと銀行ではどうなのか。

手数料や両替できる時間など、詳しくご紹介していきます。

 

みなと銀行で新札(ピン札)に両替する方法

銀行新札

みなと銀行で新札に両替する方法は、2通りあります。

  • 窓口を利用する
  • 両替機を利用する

窓口だけではなく、両替機でも出来るのがいいですね。

では、この2つについて詳しく見ていきましょう!

 

手数料は

みなと銀行での両替は、”みなと銀行のキャッシュカードを持っていれば”1日10枚まで無料になります。

みなと銀行のキャッシュカードを持っていない場合、550円の手数料が発生します。

さらにキャッシュカードを持っていない場合は、窓口でしか両替することができないので注意が必要です。

窓口 みなと銀行のお客様 左記以外のお客様
1~10枚 1日1回目 無料 550円
2回目以降1回につき 550円 550円
11~500枚 1回 550円 550円
501~1,000枚 1回 1,100円 1,100円
1,001枚以上 1回 500枚毎に550円追加 500枚毎に550円追加
両替機 1~10枚 1日1回目 無料
2回目以降1回につき 300円
11~500枚 1回 300円
501~1,000枚 1回 600円

 

窓口と両替機おすすめは

みなと銀行はキャッシュカードがあれば、窓口も両替機も10枚までは手数料が無料なのでどちらも変わりません。

しかし、窓口、両替機それぞれにメリット、デメリットが存在します。

先ほど10枚まではどちらも同じとお伝えしましたが、枚数が多くなると窓口の方が高い手数料がかかります。

なので、両替の枚数が多い場合は両替機をおすすめです。

一方両替機は、新札になるのは1万円札のみという店舗、そもそも両替機が置いていないという店舗もあります。

そのため、自分の想い通りの金種を確実に両替するには、窓口がおすすめです。

 

両替機は何枚まで可能

両替機は、1回最大1000枚まで利用可能です。

ただしこの枚数は、両替後の枚数になります。

そして、1日10枚以上の両替には手数料がかかるので注意してくださいね。

※手数料については、上記の表をご覧ください。

 

みなと銀行で時間外・休日に両替する方法は?

残念ながらみなと銀行では時間外・休日の両替は出来ません。

みなと銀行の営業時間は平日の9:00~15:00になっています。

お仕事をされている方には難しい時間ですね。

しかし両替が必要な場合は、営業時間に行くようにしましょう。

 

みなと銀行のATMで新札に両替できる?

ATMでの新札の両替は、みなと銀行では行っていません。

しかし、運よく新札が出てくることもあるかもしれません!

あと朝の早い時間は、お金が補充されたばかりだったりするので、新札が比較的多いように思います。

しかし、確実な方法ではありません。

新札が必要な方は、窓口か両替機を利用するのが確実だと言えます。

 

みなと銀行の口座がなくても新札に両替できる?

みなと銀行では、口座がなくても新札に両替してもらう事ができます。

新札が必要な時、近くにみなと銀行があった!となると助かりますね。

しかし口座を持っていないと、

・手数料がかかってしまう
・両替機は使えない

という2点をお忘れなく。

 

まとめ

今回は「みなと銀行」で新札に両替する方法についてお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

みなと銀行を利用している方なら、10枚は無料で両替をしてもらえることが分かりました。

しかし、平日の営業時間のみということで、なかなか利用しづらい方もいるのではないでしょうか。

たくさんの方が新札を求めるお年玉シーズンなどは、銀行にも新札在庫が無い時もあるそうです。

今は必要じゃないという時でも、両替に行ける時に行っておいて、自宅に保管しておくというのも一つの手かもしれませんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × four =