GOT the beatの年齢順プロフィール紹介!最年長と最年少の差はどれくらい?

韓国の大手芸能事務所SMエンターテイメントの新プロジェクト「Girls On Top」の第1弾として、GOT the beat(ゴットザビート)というスペシャルユニットが結成されました。

BoAや少女時代など、K-POP界のレジェント級のメンバーから、超大型ルーキーのaespa(エスパ)のメンバーまで世代を超えた豪華メンバーで構成されており、『K-POP界のアベンジャーズ』と呼ばれています。

K-POP界のレジェントから新人まで、幅広い世代で活躍しているメンバーが所属しているGOT the beatのメンバーの年齢や年齢差は気になりますよね。

今回は、GOT the beatの年齢や年齢差についてご紹介します。

 

GOT the beat年齢順を一覧で紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@gotgirlsontop.sm)がシェアした投稿

GOT the beatのメンバーの年齢順を一覧でご紹介します。

韓国では、数え年で年齢を表すので、日本と年齢の数え方が異なります。

両方の年齢を載せています。

名前 生年月日 日本年齢 韓国年齢
BoA 1986年11月5日 35歳 37歳
テヨン 1989年3月9日 33歳 34歳
ヒョヨン 1989年9月22日 32歳 34歳
スルギ 1994年2月10日 28歳 29歳
ウェンディ 1994年2月21日 28歳 29歳
カリナ 2000年4月11日 21歳 23歳
ウィンター 2001年1月1日 21歳 22歳

GOT the beatは、幅広い年代のメンバーが在籍しています。

GOT the beatの平均年齢は、日本年齢で28歳、韓国年齢で29.7歳です。

 

GOT the beat年齢順プロフィール

GOT the beatのメンバーを年齢順にご紹介します。

 

BoA

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:クォン・ボア
  • 所属グループ:
  • 生年月日:1986年11月5日
  • 出身地:大韓民国京畿道
  • 身長:160cm
  • 血液型:AB型
  • デビュー:2000年

日本でも大ブレイクし、アメリカでのデビューを果たしたりなど、K-POP界の先駆けとも言えるBoAは、K-POP界のレジェント的存在です。

日本でも「メリクリ」や「VALENTI」など多くの曲が大ヒットし、レコード大賞を受賞したりなど大活躍し、たくさんの日本人がBoAを知っていますよね。

2021年に、デビュー20周年を迎え、現在はSMエンターテイメントのアーティストでありながら、理事も務めています。

 

テヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:キム・テヨン
  • 所属グループ:少女時代
  • 生年月日:1989年3月9日
  • 出身地:大韓民国全羅北道全州市
  • 身長:157cm
  • 血液型:A型
  • デビュー:2007年

日本でも大ブレイクした「少女時代」のリーダーで、メインボーカルのテヨンは、ソロアーティストとしても大活躍をしています。

韓国の人気ドラマのサウンドトラックにもテヨンのソロ曲が多く使用されており、歌唱力が高いことでも有名です。

ディズニーの人気アニメ「アナと雪の女王2」の韓国版のカバーソングアーティストの主人公を務めています。

 

ヒョヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:キム・ヒョヨン
  • 所属グループ:少女時代
  • 生年月日:1989年9月22日
  • 出身地:大韓民国仁川広域市
  • 身長:161cm
  • 血液型:AB型
  • デビュー:2007年

テヨンと同じく少女時代のメンバーで、“ダンシング・グイーン”と呼ばれパフォーマンスに定評があり、その実力はK-POP界でもトップクラスです。

2018年に「DJ HYO」の名義でソロアーティストとしてデビューしており、実力派ラッパーが集うヒップホップの番組に出演するなど精力的に活動しています。

また、明るくサバサバとした性格からバラエティ番組でも活躍しています。

 

スルギ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:カン・スルギ
  • 所属グループ:Red Velvet
  • 生年月日:1994年2月10日
  • 出身地:大韓民国京畿道安山市
  • 身長:162cm
  • 血液型:A型
  • デビュー:2014年

Red Velvetのメンバーで、Red Velvetのメインダンサーとリードボーカル担当のスルギ 。

K-POPアイドルの中に、スルギに憧れるアイドル多く、私服のセンスはK-POPアイドルの中でナンバーワンと言われています。

日本語が堪能で、サイン会ではファンの名前を日本語で書いてファンを喜ばせてくれることもあります。

 

ウェンディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:ソン・スンワン
  • 所属グループ:Red Velvet
  • 生年月日:1994年2月21日
  • 出身地:大韓民国ソウル特別市城北区
  • 身長:158cm
  • 血液型:O型
  • デビュー:2014年

Red Velvetのメンバーで、Red Velvetのメインボーカルを担当しているウェンディは、とにかく歌がうますぎるという事で“音色の女神”と言われています。

歌が飛びぬけて上手く、その実力はK-POP界でトップクラスで、ボーカルトレーナーが選んだ「歌がうまいK-POPの女性アイドルTOP5」にも選ばれています。

2021年には、1stミニアルバム「LIKE WATER」をリリースし、Red Velvetメンバー初のソロデビューを果たしています。

 

カリナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:ユ・ジミン
  • 所属グループ:aespa
  • 生年月日:2000年4月11日
  • 出身地:大韓民国京畿道城南市
  • 身長:167cm
  • 血液型:B型
  • デビュー:2020年

カリナは、2020年にデビューした大人気ガールズグループ 「aespa」のリーダーを務めています。

ボーカル、ダンス、ラップとなんでもこなせるオールラウンダーです。

常人離れしたスタイルとビジュアルは、“異次元”と呼ばれ、ビジュアル人気が高いメンバーです。

 

ウィンター

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

プロフィール
  • 本名:キム・ミンジュン
  • 所属グループ:aespa
  • 生年月日:2001年1月1日
  • 出身地:大韓民国釜山広域市
  • 身長:167cm
  • 血液型:A型
  • デビュー:2020年

GOT the beatのマンネ(最年少)は、カリナと同じ「aespa」のウィンターです。

「aespa」では、リードボーカルとリードダンサーを務めています。

カリナ同様にボーカル、ダンス、ラップ、ビジュアルと全てのレベルが高いとオールラウンダーとして評価されています。

 

GOT the beatの最年長と最年少の差はどれくらい?

 

GOT the beatのメンバーの年齢差を一覧で見てみましょう。

名前 生年月日 日本年齢 韓国年齢 年齢差
BoA 1986年11月5日 35歳 37歳
テヨン 1989年3月9日 33歳 34歳 −3
ヒョヨン 1989年9月22日 32歳 34歳 −3
スルギ 1994年2月10日 28歳 29歳 −8
ウェンディ 1994年2月21日 28歳 29歳 −8
カリナ 2000年4月11日 21歳 23歳 -14
ウィンター 2001年1月1日 21歳 22歳 -15

GOT the beatの最年長は、1986年生まれのBoAです。

GOT the beatの最年少は、2001年生まれのウィンターです。

この2人の年齢差は、なんと15歳もあります。

15歳の差がある様に思えないビジュアルやスタイルを維持しているBoAはすごいなと尊敬します。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girls On Top(@girlsontop_sm)がシェアした投稿

 

今回は、GOT the beatのメンバーを年齢順にご紹介しました。

SMエンターテイメントのアーティストの中から選抜されたメンバーの集まりです。

平均年齢は28歳で、最年長とマンネの年齢差が15歳も離れているのには驚きましたが、ビジュアルもダンスも歌唱力も全て年齢差など感じられない圧倒的なパフォーマンスを見せてくれます。

K-POP界のアベンジャーズなだけありますね。

今後は、どんなパファーマンスで私たちを楽しませてくれるのでしょうか。

GOT the beatの今後の活動が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three − 2 =