中国銀行で新札に両替する方法!手数料や時間外はどうする?atmでも可能?

中国銀行アイキャッチ

岡山の地方銀行である中国銀行

岡山県だけでなく中国地方では割とメジャーな銀行です。

中国銀行では、提携は金融機関では平日ATM引き出し手数料が0円になるキャンペーンを行っています。

銀行は使いやすさが重要ですよね。

ところで、新札は結婚式やお年玉など意外と必要なシーンも多いです。

土日などにも新札両替などができるのでしょうか。

うっかり必要な時に新札がなくて慌てたりしないように、しっかりと調べておきたいですよね。

今回は、中国銀行でお金を新札に両替する方法、ATMや時間外(土日に)でも新札に両替できる?など調査しました。

 

中国銀行で新札(ピン札)に両替する方法

中国銀行で新札(ピン札)に両替する方法は窓口での両替です。

中国銀行ホームページのよくあるご質問のなかに、

新札に交換する方法を教えてください。

という質問がありました。

新札(折り目等のないお札)への交換は、中国銀行の窓口にて両替をおこなってください。
その際、両替用紙の備考欄に「新札」と記入していただくか、用紙を窓口に提出する際に新札希望であることを伝えてください。

中国銀行ホームページより

 

中国銀行には両替機もあるようですが、新札への両替は窓口で行うよう推奨されているようです。

 

手数料は

手数料についてもご紹介していきます。

窓口での両替手数料はこちら。

1〜50枚 無料
51〜200枚 110円
201〜1000枚 100枚ごとに110円加算
1001〜2000枚 1100円
2001枚以上 1000枚ごとに220円加算

1回50枚以下であれば無料のようです。

大体は50枚以下かと思うので手数料は気にしなくてもよさそうですね。

 

窓口と両替機おすすめは

中国銀行の場合、公式の見解で窓口がおすすめされていることから窓口がおすすめです。

両替機でも新札に両替できるのかもしれませんが、確実ではないのかもしれませんね。

両替に行った際に、新札の両替に両替機を利用できるか尋ねてみてもよいかもしれません。

 

両替機は何枚まで可能

両替機で両替できる枚数は何枚なのでしょうか。

こちらは新札に限らずですが、1500枚までは手数料として記載があるので両替できるのではないかなと思います。

それ以上になる場合は窓口で一度相談してみてもよいかもしれませんね。

 

中国銀行で新札の両替は土日・時間外でもできる?

新札の両替は残念ながら土日や時間外にはできません

中国銀行の中には土日に営業している店舗がありませんので自動的に土日の両替は対応していないということがわかります。

どうしても土日や時間外に入手しなければならない場合は困ってしまいますね。

中々平日に銀行の営業時間内に両替にいけないという人は他の方法を考える必要がありそうです!

 

中国銀行のatmで新札に両替できる?

残念ながらATMでは新札に両替することはできません。

ATMでできたら本当に便利ですよね。

今のところは窓口で行うしかないようです。

土日しか行けないという人には、有料でもいいのでATMで新札への両替ができたらいいのになと思います。

 

中国銀行の口座がなくても新札に両替できる?

口座がないけれど、近くに銀行があった!というシーンもあるかもしれません。

中国銀行の口座を持っていないと、両替機の使用はできません。

しかし、窓口では口座なしでも新札に両替ができます。

これは助かりますね。

銀行の窓口が開いている時間であれば対応してもらえるようです。

 

まとめ

今回中国銀行で新札に両替する方法についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

正直、土日や銀行が閉まったあとにしか時間が取れないという人にはあまり参考にならないかもしれませんね。

新札がいるシーンといえば、結婚式やお正月のお年玉でしょうか。

予め余裕を持って両替することをおすすめします。

やはりATMでの両替ができるようになればかなり便利になるのではないでしょうか。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen + 5 =