ごぼうの中の黒い点は何?断面に黒い輪っか状の線があるけど食べてもいい?

ごぼう

比較的日持ちのするごぼう。

ついつい冷蔵庫で放置し、いざ切ってみるとごぼうの中に黒い輪っかや点が!

腐っていると思って食べずに捨ててしまったりしていませんか?

それ、実はまだ食べられるかもしれません!

今回はごぼうの黒くなっている輪っかや点の正体、食べられるかどうかの見分け方をご紹介したいと思います。

また、そうなってしまったごぼうの調理法も合わせてお伝えしますね。

これを読めば、次からはごぼうを無駄にしなくて済みますよ!

ごぼうの中の黒い点や線の正体は?

ごぼう

ごぼうを切ると現れる断面の黒い輪っかや線の正体はなんでしょうか?

この黒い輪っかや線はごぼうに含まれるポリフェノールが酸化したものと言われています。

また、このポリフェノールこそがいわゆるごぼうの「アク」なのです。つまり、ポリフェノール=アクというわけですね。

しかし、今までごぼうのアクは「身体に悪いもの」であると言われ、今までアク抜きしていましたよね。

一方、ポリフェノールは「身体にいいもの」という認識があると思います。それであれば食べれそうですよね。

では、本当に食べてもいいのでしょうか。

ごぼうの中に黒い輪っか状の線があるけど食べられる?

ポリフェノール

ごぼうの黒い輪っかの正体は、ポリフェノール(アク)であることが上記で分かりました。

ポリフェノールはワインなどにも含まれていることで有名ですね。これには抗酸化作用という活性酵素の働きを減らす作用があります。

また、しみの原因になるメラニン生成抑制、がんや老化予防に効果が期待されています。さらに肝臓で脂肪燃焼を促進する効果もあることが分かっています。

上記のことからポリフェノール自体は食べられる物質であり、このポリフェノールが酸素と結びついて酸化したものであるため、腐敗とは関係ありません。いわゆる「変色」ですね。

つまり、ごぼうの黒い輪っかは身体に害はなく、食べることが可能ということになります。

ということは、アク抜きも不要であるということです!

ごぼうの処理で面倒なアク抜きをしなくても良いとなると、かなり調理がしやすくなりますね。

ごぼうの中が黒くなっても腐っていない!腐るとどうなる?

ごぼう

では、逆にごぼうが腐っているとはどういう状態なのでしょうか?

腐ったごぼう①見た目

  • 曲がっている
  • 溶けている
  • 糸を引いている
  • カビが生えている
  • 乾燥して干からびている

腐ったごぼう②臭い

  • 生臭い
  • カビ臭い
  • 腐敗臭がする
  • 酸っぱい臭いがする

腐ったごぼう③触感

  • ぬめりがある
  • 柔らかい
  • グニャっと曲がる
  • 触ると糸を引く

以上が腐った状態と言われています。この場合は食べないようにしましょう。

ごぼうの中に空洞(す)がある場合
  • 収穫時期が過ぎ、成長し過ぎてしまった状態
  • 収穫後、時間が経ち水分が飛んでいってしまった状態

これらは食感や風味が落ちていはいますが、腐ってはいないので食べられます。

この場合は空洞の部分を捨てて薄く切ると食べることができますよ。

では、新鮮なごぼうはどうやって見分けるのでしょうか?

新鮮なごぼうの見分け方

  • 洗いごぼうよりも土付きごぼう
  • 太過ぎず細過ぎないごぼう
  • 細いところが柔らかくないごぼう
  • 真っ直ぐで適度な長さ・太さが均一のごぼう
  • 切り口に空洞がないごぼう
  • ひげ根が少ないごぼう

これらを見分けて新鮮なものを選ぶと、より腐るのを防げそうですね!

ごぼうが黒以外に変色する?赤・ピンク・緑などを調査!


黒以外にも赤やピンク・緑色に変色することもあります。

これらの場合も腐っているわけではないので食べることができますよ。

赤・ピンク色の場合は、ポリフェノールの一種である「サポニン」が酸化し変色したものです。

変色を防ぐには酢水やレモン水にさらすようにしましょう。これは黒くなった場合も同様です。

緑色の場合は、「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種が変色したものになります。

この物質は、こんにゃくと一緒に調理したり、冷蔵庫で保存していると変色していまいます。

この場合は、こんにゃくをしっかり下茹ですること、ごぼうを切ったらすぐに水(普通の水でOK)にさらすことで防ぐことができますよ。

いずれもポリフェノールが変色したもので、身体に害のあるものではなく、むしろ身体にいいものなので安心してくださいね。

ごぼうの中に黒に点が!断面に黒い輪っか状の線があるけど食べても大丈夫?まとめ

ごぼう料理

ごぼうの中の黒い輪っかや点は、ポリフェノールであり、身体にとって良い成分であることが分かりましたね。

むしろ身体にいいもののため、アク抜きも必要なしということで一石二鳥ではないでしょうか?

以下まとめです。

  • 変色しても食べられる
  • 空洞(す)ができた場合はその部分を薄く切って食べる
  • なるべく新鮮なものを買う

ごぼうには栄養素がたっぷりです。これからはそんな栄養を無駄にせずにごぼうを食べることができそうですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two + 9 =