16時間ダイエットは1ヵ月で効果出る?なかなか痩せない口コミも

16時間ダイエットは 1ヵ月で効果出る? なかなか痩せない口コミも

16時間ダイエットが話題になっていますがどんな内容のダイエットかご存じですか?

16時間以上の空腹時間(16時間断食)をつくることで、脂肪燃焼やデトックス効果を感じられるダイエット法です。

やり方は簡単!

16時間ダイエットの効果を得るために、食事を1日2食に減らします。

例えば朝食を抜く場合、昼食と夕食を12時~20時の間に済ませます。

そうすると16時間の空腹時間(16時間断食)ができるのです。

夕食を抜く場合は朝食と昼食を6時~14時の間に済ませます。

  • 16時間ダイエットは1ヵ月で効果が出るって本当?
  • 16時間ダイエットはなかなか痩せないって口コミがある
  • 16時間ダイエットを効果的にするやり方を知りたい!
  • 16時間断食をしても空腹に耐えられるか不安…
  • 16時間ダイエットのメリットは?

16時間ダイエットは「16時間断食」や「8時間ダイエット」、「オートファジーダイエット」とも呼ばれている話題のダイエット法です。

芸能人やアスリートも実践している方がとても多いんです!

ですが疑問も多く、間違えた方法で行うとなかなか痩せない…なんてことに。

今日から正しく実践してキレイな身体にリセットしましょう!

16時間ダイエット1ヵ月の効果は?

女性

16時間ダイエットを続けると1ヵ月の効果はどれほどあるのか調べました。

以下はより多く見られた感想です。

  • 体重が1kg~3kg減った
  • 朝スッキリ起きれるようになった
  • 食事を減らしているがお通じが良くなった
  • お肌の調子が良くなった
  • むくみがとれた

体重の変化はもちろん、体内の変化まで感じられるようです!

16時間ダイエットの本来の目的は体重減だけではありません。

16時間の空腹時間(16時間断食)で飢餓状態をつくり、内臓機能をリセットしたり余分な脂肪燃焼や排出などデトックスをすることです。

16時間ダイエットは別名「オートファジーダイエット」とも呼ばれています。

オートファジーとは?

直訳すると「自己を食べる」こと。

不要になったタンパク質など自分自身の部品を分解する細胞の仕組みのことで、細胞内を常に掃除し環境を整えてくれるのです。

オートファジーが働く条件は人が食べていないときです。

からだのことは細胞に任せておけばベストな状態にリセットしてくれるのです!

オートファジーは16時間ダイエットを始めた1日目から活動が始まります。

見た目が変化していなくても細胞レベルの変化は1日目から始まっているのです!

16時間ダイエットの効果はいつから?

女性 お腹

 

16時間ダイエット(16時間断食)の効果はいつから出始めるのでしょうか?

スタート時の体重や食生活などの個人差によってバラつきがあるものの、やはり体重減に関しては最初の変化としてあらわれやすいでしょう。

まずは細胞レベルの変化については1日目から始まっています。

そして徐々に見た目の変化や体感に繋がっていきます。

体重の減少や疲労感の軽減、便通やお肌のハリなどなど…。

16時間ダイエットの効果を実感できる人は短期的に取り組む方法も。

薄着になる夏前や不摂生が続いているなーと思ったとき、ノーコストですぐに始められます!

 

16時間ダイエット(オートファジーダイエット)は体をリセットしベストな状態にしてくれるので、骨になるまで瘦せ続けることはありません(^^;

16時間ダイエットの口コミ

口コミ 評判

16時間ダイエットに挑戦している人たちの口コミです。

体重だけではなく見た目の変化があるのは嬉しいポイントですね!

 

この方は「一生の習慣になってもいいかな」と思うほどの価値を感じているそうです!

 

水分の摂取や運動なども意識されています。

 

食事回数が減るのにお通じは良くなる、という口コミは多いです!

内臓機能がリセットさせるからなんですね。

 

体内がリセットされ始めると「適量」で満足できるようになります!

16時間ダイエットに成功している人や継続できている人は、体重減のほかにも何かしらの変化や効果を感じているようです。

さきほどご紹介したオートファジーが働いているからです。

現代は飽食で私たちは普段から食べ過ぎているので、胃腸の負担を減らすだけで嬉しい効果がたくさん得られます!

アスリートにも支持されている!

元横綱・白鵬関は力士でありながら「食べない」ことで肉体改造に成功しました。

断食と少食は体力や筋力が必要なアスリートも実践している健康法なんですね!

16時間ダイエットはなかなか痩せない?痩せない理由

女性 体重計

16時間ダイエットはいいことしかない!

と思いませんか?

しかし中には16時間ダイエットはなかなか痩せない!

という人もいます。

痩せる人・なかなか痩せない人の違いはなんでしょうか?

16時間ダイエットで痩せない理由をまとめました。

 

 

 

単純に1食分抜く、16時間我慢する、というよりはオートファジーが働きやすい環境を自分自身でつくるということです。

最初は違和感があったり「食べてはいけない」と思うといつもより食べたくなったり、慣れるまでは大変かもしれません。

食べてもいい8時間のあいだの食事が高カロリー・高糖質な食事に偏っていたり、甘いものが多かったりするとさすがに分解する時間がかかってしまい、失敗してしまうケースが多いです。

1日2食に減るため1食分の食事の質も意識したいところです。

次は16時間ダイエットの効果的なやり方をご紹介します!

16時間ダイエットの効果的なやり方は?

時計

16時間ダイエットの効果的なやり方をご紹介!

16時間なにも食べてはいけない、と聞くととてもハードルが高く感じられますよね。

まずは自分の生活リズムを思い返してスケジュールを組み立ててみましょう。

16時間ダイエットの効果的なやり方のポイントは以下の2点です。

  • 食べてもいい8時間をどこに設定するか?
  • 食事の質を意識する

シンプルですがこの2点がクリアできると効果が早く感じられると思います!

ちなみに私が16時間ダイエットをするときは朝ごはんを抜いています。

(例)私の場合
  • 朝ごはんを食べるとその後眠くなってしまうので朝ごはんを抜いていた。
    (水やノンカフェインのコーヒー、具無しの味噌汁は飲みます)
  • お昼ごはんは出勤前にしっかり食べる。
  • 仕事は15時~23時の遅番勤務が基本で晩ごはんはお弁当持参。20時までに食べる。
  • スイーツが食べたいときは仕事開始前に食べる。

仕事が忙しいときは晩ごはんが食べれない時もあるので、それなら晩ごはんを抜けばいいと思いましたが、朝ごはん後の効率が悪いため朝ごはんを抜くことにしました。

私の場合、仕事終わりから帰宅→就寝の流れがスムーズなので16時間断食がそれほど辛くないです。

食べてもいい8時間をどこに設定するかは自由なので、通勤時間や睡眠時間を上手に活用して設定してみましょう!

上手くいかない場合や辛い場合はかえってストレスで過食になってしまいます。

まずは週末だけ始めてみる、などいろんなパターンを試してみましょう。

食事に関しては他のサイトで「何を食べてもいい」とあったりしますが、さすがに高カロリー・高糖質ばかりを食べていては分解する時間がかかってしまいます。

16時間の空腹明けの食事は胃腸にやさしいものを意識したり、2食しか食べないからといって過食しすぎないようにしましょう。

海外の朝食は?

英語で朝食はbreakfast=断食を破る

フランス語で朝食はpetit-déjeuner=軽い昼食

中国では中華粥が朝食の定番です。

空腹(断食)明けは胃腸にやさしい食事、というのは世界共通かもしれませんね。

16時間ダイエットは1ヵ月で効果出る?まとめ

女性

16時間ダイエットは1ヵ月で効果出る?

についてまとめました。

効果や体感の変化を感じられるような効果的なやり方もご紹介しました。

ポイント
  • 食べない16時間を通勤時間や睡眠時間と組み合わせる
  • 16時間の断食明けは胃腸に負担をかけない食事にする
  • 食べてもよい8時間の食事内容は高カロリー・高糖質・過食に注意する

体重の減量だけが16時間ダイエットの目標ではありません。

オートファジーを働かせて内臓機能のリセットやデトックスをして、細胞レベルで健康な状態へ整えていくのです。

健康的にダイエットしたい!

体質改善したい!

という人は一度ためしてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twenty − three =