ファッション Latte ブランド Paul Smith (ポールスミス)

Paul Smith (ポールスミス)

詳細情報ニュースショップセール求人・採用アイテム掲示板

ポールスミス (Paul Smith)の詳細情報

Paul Smith (ポールスミス)とは

ポール・スミスは、日本の男性ファッションの中でも絶大な人気のロンドンのブランド。

1982年に日本企業のジョイックス・コーポレーションが英国ポール・スミス社と商品企画、素材および販売などすべてのノウハウを提携し、
1984年に第1号店、南青山に直営店をオープンさせ日本へ上陸。
日本のポールスミスは、ジョイックス・コーポレーションが提携しており、生産・製造において海外とは別に行っているため、ラインが異なる。
日本以外のマーケットで販売されているポールスミスは主にイタリア製で、日本の製品と比較すると素材やパターンメーキングにおいて差があり、価格も日本より高い。



ポール・スミス氏は、1946年7月5日イギリス・ノッティンガム生まれ。
自転車競技のレーサーをめざし、15歳の時学校を自主退学するが、事故により、レーサーへの道を断念。
退院後、進路を断たれ、なす術もなくパブに入り浸っていたポール・スミスは、パブに出入りするアートスクールの学生たちと仲良くなり、アートの世界の魅力にしだいにひかれていった。
彼らのオーガナイザーとしてあれこれ仲介役をしていたが、17歳の時に、さまざまな仲介を自分自身の仕事にすることを決意。

20歳の時に、ロイヤルカレッジでテキスタイルの教師をしていたポーリーン・デニアと同居。
彼女には、2人の子供と2匹の犬がおり、ポール・スミスは家族全員を養うため、これまで以上にあらゆる仕事をこなすようになる。

ノッティンガムのテーラードの店員をメインの仕事としていたポール・スミスは、少しでも多くお金を稼ぎたいと思い、店の主人に自分の店を持ちたいという話を訴え続けた。
熱心さに押された主人は、その店のバックルームを自由に使わせてくれることになり、ポール・スミスはすぐさまショップ作りに取りかる。
月曜から木曜までは従来通りあらゆる仕事をこなし、金曜と土曜は自分のショップで商品を売った。当初は、オリジナルと呼べるものは、ポーリーンが縫ってくれた数本のネクタイくらいで、ほとんどはポール・スミスが自分で探し回って仕入れてきたわずかな商品だった。

1970年、24歳の時にポール・スミス リミテッドを設立。

1974年、「ブラウンズ社」に、専任のコーディネーター兼デザイナーとして採用される。自分のショップを経営するかたわら、3年間同社の買いつけとブラウンズブランドの商品デザインを担当。

ノッティンガムのショップは、「ブラウンズ社」での活躍などによるポール・スミスの噂の高まりとともに、顧客の数も増し、月曜から金曜までフルに営業するほどになっていた。そこで同じノッティンガムでもう少し大きいスペースを探し、そこに店を移転。
このとき、初めて自分自身のオリジナルブランドを作ろうと決心。

手始めにシャツ工場に、自分のデザインで自分のブランドロゴ入りのシャツを依頼、出来上がってきたシャツを自ら売り込みに回った。
初めて買ってくれた客は、“バーニーズ・ニューヨーク”のオーナーの息子だった。宿泊しているホテルを聞きつけて押しかけ、一枚ずつ説明する熱心さに感心して、200枚の購入契約をしてくれたのだった。

1977年、初めて自分のコレクション・ショーを開く。
資金の余裕がなかったポール・スミスは、ドロテ・ビスのデザイナーであったキース・バーティとアラン・クリーバーが所有していたパリのアパートメントの一室を借りて会場にし、モデルは友人をかり集め、フィッターもポーリーンや友人が担当した。

翌年から、毎年パリで展示会を開けるほどになる。
1978年には、セームの展示会に期間を合わせ、パリのホテルの一室で展示会を一週間催。
本当の意味での“ポール・スミス”コレクションの誕生はこの時であったと、ポール・スミス氏は語っている。

1979年、33歳の時、念願だったロンドン市内に1号店をオープン(44 Floral Street, London WC2)
場所は元々野菜市場だったコベントガーデン。1974年まで、この地域は果物屋が軒をつらねていたが、その後市場全体が移動し、廃墟になっていた場所。
ポール・スミスが購入しようとした場所は、以前バナナの倉庫だった所で、3万5千ポンド。
当時まだ資金力の無かったポール・スミスは、以前働いていたテーラーの主人に1万ポンドを借り、銀行からも5千ポンドを借りたが、不足。
そこで再度オーナーにかけあいに行った。
オーナーはその熱意に負け、売り値を2万5千ポンドにダウンした上、不足分の1万ポンドをポール・スミスに貸す。現在この店は、その後10年間に隣接する店を次々と買い足し、4店が並ぶ規模に成長している。


1982年、ロンドンに2号店をオープン(23 Avery Row, London W1)
1983年、ロンドンに3号店をオープン(43 Floral Street, London WC2)
1984年、日本の東京青山に直営ショップをオープン。

1986年、ポール・スミスのトイレタリー・ラインを発表。
1987年、ニューヨークにポール・スミスショップをオープン(108 Fifth Avenue)。ロンドンの4号店をオープン(41/42 Floral Street, London WC2)。

1989年、英国の名門デパート『ハロッズ』に単独のコーナーショップがオープン。これはハロッズの歴史上、かつてない展開であった。
ロンドンにショールームをオープン。(7/8 Langley Court, London WC2)

1990年、香港でポール・スミスのフランチャイズ店がオープン。

1991年、ポール・スミス フォー チルドレンを発表。
ポール・スミス、英国産業デザイナー賞、BKCEC賞を受賞。
東京のフラッグショップ「ポール・スミス渋谷店」をオープン。

1992年5月、パリにポール・スミスのショールーム/プレスオフィスを開設。
7月、ミラノにポール・スミスのショールーム/プレスオフィスを開設。

1993年、コベントガーデン店を拡張し、靴の「ザ・ブリティッシュ・ルーム」とポール・スミス フォー チルドレンの売り場を併合。
1月、パリにポール・スミスショップをオープン(22 Blvd Raspail 75007 Paris)
4月、シンガポールにポール・スミスショップをオープン。
9月、ロンドンでR.ニューボールドの1号店をオープン(7/8 Langley Court, London W1)
10月、ポール・スミス ウィメンを発表(’94S/S)

1994年1月、パリでポール・スミス ウィメン1号店をオープン(1月)。
2月、ロンドンにポール・スミス ウィメン2号店をオープン。
ポール・スミス スペクタクルズを発表。
4月、ポール・スミス バッグを発表。
9月、ロンドンでポール・スミス ジーンズ1号店をオープン。ロンドンでポール・スミス フォー チルドレン1号店をオープン。
ガウディ・バルセローナのゲストとして’95春夏コレクションをバルセローナで発表。
10月、ポール・スミス ウォッチを発表。

1995年、ポール・スミス アンダーウエアーを発表(春夏コレクション)。
6月~10月、ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムにて「Observation」展を開催。
10月、展覧会と同時にコンデナスト・イタリアより「ポール・スミス トゥルー・ブリット」を出版。
ポール・スミスのウェブサイトがスタート。
10月~1996年4月、ロンドンのデザインミュージアムにて「ポール・スミス トゥルー・ブリット展」を開催。

1996年9月、デザイン・フェスティバルの一貫としてグラスゴーにて「ポール・スミス トゥルー・ブリット展」を開催。
スティーブ・パイク氏の写真展 ”Uniforms” をR.Newbold Galleryにて開催。
10月、マンチェスターでPS.ポール・スミス ジーンズ 3号店をオープン (66-68 Bridge St, Manchester)
11月、マックス・ジョーダン氏の展覧会 “Parking Allotment” をR.Newbold Galleryにて開催。

1997年5月、「ポール・スミス トゥルー・ブリット展」をノッティンガムのキャッスル・ミュージアムにて開催
8月、香港のLee Gardensにポール・スミス店をオープン
9月、ロンドンでポール・スミス店をSloane Avenue, SW3にオープン
10月、フォトグラファー団体 ’664’の写真展 “Boys” をR.Newbold Galleryにて開催
11月、マイク・ノースの展覧会 “Into The Dee” をR.Newbold Galleryにて開催
フィリピンのマニラでポール・スミス店をオープン
12月、Unit 2hの展覧会“Advent”をR.Newbold Galleryにて開催

労働党の新政権下にある文化・メディア・スポーツ・創造産業に関する特別専門委員会への参加を招請される。

1998年2月24日、ロンドン・ファッション・ウィークで初めてポール・スミス ウィメンのショーを発表
4月、英国と日本でポール・スミス ミニ ‘アートカー’を発表
5月、ロンドン・ノッティンヒルに新しいコンセプトの店としてウェストボーン・ハウスをオープン(122 Kensington Park Road, London W11 2EP)
ウェストボーン・ハウスで初めてビスポーク・サービスを開始
9月、日本にて「ポール・スミス トゥルー・ブリット展」を開催。東京(三越美術館・新宿)、神戸(神戸ファッション美術館)、福岡(福岡イムズホール)を巡回
12月、ジェームス・ロイドによるポール・スミスのポートレイトをPortrait Galleryにて展示
仏Inter Parfums S.A社と、ポール・スミス フレグランスとコスメティックの開発、販売のライセンス契約(12年間)を締結

2000年6月、ポール・スミス パルファン MEN&WOMENを発表
11月24日、ファッション・デザインへの勲功によりエリザベス女王よりナイト爵位(SIR)を授与される

2001年2月、ミラノにポール・スミス店をオープン
9月、アクセサリーショップをロンドンのウェストボーン・ハウスの向かいにオープン
ロンドンのFloral Street店地下をウィメンのアクセサリー、アンダーウエア、香水、シューズ売り場に改装
英国Rug Companyからポール・スミスデザインのラグを発表
10月、英国Violette Editionsよりポール・スミスの本「You Can Find Inspiration In Everything*」を出版
11月、ロンドン・シティのロイヤル・エクスチェンジ(元証券取引所)内にポール・スミス ショップをオープン

2002年1月、ニューヨークにポール・スミスのショールームをオープン(121 Greene Street, NY NY 10012)
ヒースロー国際空港ターミナル3にポール・スミス ショップをオープン
2月、ロンドン、Floral Streetに初めてのシューズショップをオープン
4月、イタリアのインテリアデザイン会社カッペリーニからポール・スミスが初めてデザインを手掛けた‘モンド’コレクションをミラノ・サローネで発表
5月、パリ、Boulevard Raspail店の隣にシューズショップをオープン
10月、香水ポール・スミス エクストリーム メンとウィメンを発表
東京、南青山にウィメン全ラインとアクセサリーを揃えたショップをオープン

ポール・スミスとアンブロは、FA(英国サッカー協会)の協力により、日本と韓国で行われたサッカー・ワールドカップに出場するイングランド代表チームにラゲージや小物類を提供。

2003年1月、ロンドンの20 Kean Street, WC2に本社とショールームを移転
ミラノのViale Umbria,95にオフィスとショールームを移転
スイス製ウォッチコレクションを発表
6月、ロンドンのデザイン・ミュージアム主催「Designer of the Year Award」の審査員として参加
9月、2003年度ブリティッシュ・スタイル・アウォードでポール・スミスは‘メンズウエアデザイナー賞’と‘ウィメンズウエア・コンテンポラリー・デザイナー賞’を受賞
‘Furniture and Things’ コレクションを発表。
11月、マハーラム社よりポール・スミスがデザインする‘ビスポーク’ファブリックを発表
‘You Can Find Inspiration*’のペーパーバックを出版
12月、PS30時計を発表

2004年7月、香水ポール・スミス ロンドン メンとウィメンを発表
9月、スイス製ウォッチコレクションからウィメン・ウォッチを発表

中国上海にショップをオープン(Nanjing Road, Plaza 66)
香港にショップをオープン(Landmark, Central)
台湾にショップをオープン(台北)
タイ・バンコクにフランチャイズショップをオープン(The Emporium Mall)
マレーシア・クアラランプールにフランチャイズショップをオープン(KLCC Mall)

2005年、英国ノッティンガム市にWilloughby House旗艦店をオープン(20 Low Pavement Notts NG1 7EA)
中国・北京にショップをオープン(Oriental Plaza Mall, No.1 East Chang An Street)
世界で初めてのPaul Smith Pinkショップ「Paul Smith Pink+」を東京・代官山にオープン
トライアンフ社とのコラボレーションとして世界で9台のバイクをカスタマイズし、服とアクセサリーのカプセルコレクションを発表
バートン社とのコラボレーションとしてビスポークストライプ柄を使用したスノーボードジャケットとパンツを発表
ウィメン香水Paul Smith Floralを発売
英国ロンドンに初めての家具ショップ「9 Albemarle Street」をオープン
米国LAにショップをオープン(Melrose Avenue, LA)
UAEドバイに2号店をオープン

2006年1月、ロンドン・バラマーケットにジーンズショップをオープン
日本の京都にポール・スミス三条店、東京にジーンズHAPPY店、大阪にR.ニューボールド PEACE店をオープン
3月10日、東京・神宮前5丁目に旗艦店ポール・スミス スペースをオープン
これまで日本ではMENとWOMEN別々のショップを展開してきたポール・スミスですが、海外との統一戦略の一環として、全ライン (MEN、WOMEN、アクセサリー) を取り扱う日本初の複合ショップをオープンした。

10月、NYに旗艦店をオープン(142 Greene Street)
モスクワの赤の広場にショップをオープン
パリのサントノーレ通りに旗艦店をオープン

メンズ香水ポール・スミス ストーリーを発表(日本では、2007年4月25日より、ポール・スミス ショップにて先行発売、 5月9日より全国有名百貨店フレグランスコーナーにて発売)
MERCIAN BIKESとのコラボレーションでトラックバイクとツアーバイクを発表

2007年、日本・金沢にショップをオープン
12月、日本でも公式ホームページにオンラインショップがオープン。

2008年1月、ウィメン香水「ポール・スミス ローズ」日本にて発売。
(1月23日(水)よりポール・スミス ショップにて先行発売予定、 2月20日(水)より全国有名百貨店フレグランスコーナーにて発売)
2月、2008年春夏コレクションからスタートした「ポール バイ ポール・スミス」初 のフラッグシップショップPaul by Paul Smith 代官山店オープン


2008年5月、マンチェスター・ユナイテッド フットボールクラブへの公式スーツ提供で契約締結(3年間)。マンチェスター・ユナイテッドが、このようなパートナーシップを提携するのは初。


2009年4月10日、Project 10シリーズが2009年春夏よりスタート。
Project 10は、ポール・スミスが提案する「新しいモノ作り」を意味するプロジェクト。
10個限定の商品を1ショップで発売していきたいというのがProject 10シリーズ。今回は、ポール・スミスバッグから、コットンに転写プリントを施した人気のシリーズ、「プリントコレクション」のショルダーバッグを日本国内138ショップ(全国のPaul Smith SHOP、Paul Smith COLLECTION SHOP、JEANS SHOP及びONLINE SHOP、JEANS ZOZO SHOP)で、それぞれ異なるプリントを使用し、各10本のみ、発売します。

ブランドスナップPaul Smith (ポールスミス) のアイテムを取り入れたコーディネートを紹介!

ブランドの情報を編集する
Latteの会員に登録(無料)すると、ブランド情報を編集することができます → 会員登録(無料)
※すでに会員登録している人は、ログインすると編集ができます。
※本サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されていることがございます。また、会員の方が追加・編集している情報もあります。本サイトでは情報が正しいことを保障しておりません。あらかじめご了承ください。
※掲載情報に間違いを発見した場合には、お問い合わせよりご連絡ください。
会員登録ログイン
Latteに会員登録すると……
セール情報がメールで届く!ユーザ同士で情報交換ができる!