Chloe (クロエ)

詳細情報ニュースショップセール求人・採用アイテム掲示板

クロエ (Chloe)の詳細情報

Chloe (クロエ)とは

1952年、エジプト生まれのパリジェンヌ、ギャビー・アギョンによって創設。
ギャビーは、1950年代に流行した堅苦しい形式を拒否し、
上質なファブリックを使ったソフトでボディコンシャスなウェアを作り、「ラグジュアリー・プレタポルテ」と名付けた。
1956年、ギャビーとビジネスパートナーのジャック・ルノワールは、カフェ・ド・フロールの朝食タイムを使って最初のコレクションを発表。

「クロエ」というブランド名は、この2人が、ブランドの温かく女性らしい魅力を表すために選んだもの。
由来は、ロンゴスの古代小説「ダフニスとクロエにまつわる牧人風のレスボスの物語」を原作とした、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」。

その後、デザイナーに若手を採用してコレクションのデザインをさせることにより、ブランドを特徴づけ、
1960年代には、クロエは若い左岸デザイナー集団の活動の場となる。

1966年、カール・ラガーフェルドが主任デザイナーに就任し、
クロエは1970年代の最も象徴的なファッションブランドの1つとなる。
1970年に発表した香水は、ベストセラーとなる。

1980年代には、マルティーヌ・シットボンなどの才能あるデザイナーたちにより、
最新でありながら時代を問わないという全く理想的なクロエの力を繰り返し主張。

1985年、高級品専門の複合企業であるリシュモン・グループ(カルティエ、モンブラン、アルフレッド・ダンヒル等を持つ)
に買収され、クロエの名声は世界中に広がる。

1997年、ステラ・マッカートニーが、ロマンチックでありながら都会の新流行を意識しつつ、
ヴィンテージ・ランジェリー、テーラーリングおよびクロエならではのローライダートラウザを組み合わせ、
クロエを再度作り直し、さらなる成功へとステップアップ。
しかし、ステラ・マッカートニーはグッチグループに引き抜かれ、デザイナーを降板。

2001年から2005年の間、クリエイティブディレクターのフィービー・フィローは、
セクシーなデイウェア、流動的なライン、優雅で際立って現代的な透明のトップなどのユニークなスタイルを提案。
2001秋冬コレクションから、カジュアル・ライン「See by Chloe」(シー・バイ・クロエ)を開始。

2006年、パウロ・メリム・アンダーソンがエッジィなクリエイティビティをブランドへ持ち込む。
「CHLOE」と「SEE BY CHLOE」の両ラインを担当するも2008年に辞任。
2006年1月14日「クロエ青山店」がオープン。建築家のソフィ・ヒックスが手がける。
オープン記念として2005年12月1日~2006年1月12日の期間限定でクロエカフェがオープン。

2007年12月13日、クロエがスポンサーのグッゲンハイム美術館の若手メンバーで構成される団体ヤング・コレクターズ・カウンシル(Young Collectors Council 略称:YCC)のイベント「アーティスト・ボール(Artist’s Ball)」が米ニューヨークで開かれた。

2008年1月23日~2月14日の間、バレンタイン・キャンペーンとして、日本限定で初のメンズ革小物を発売。
2008年3月10日、ハンナ・マクキボンがクリエイティブディレクターに就任。ハンナ・マクキボンは、2001年からクロエのデザインに携わっている。
10月1日には、ヴァン クリーフ&アーペルとコラボレーションした「ラ ソワレ プレシューズ」コレクションを日本限定で発売。(8月22日より一部店舗にて先行発売された)

2009年1月21日~2月15日の間、2008年に引き続き日本限定でメンズ向けバレンタイコレクションとして、バッグ・財布・ブレスレットの“Mr.PADDINGTON”を発売。

ブランドスナップChloe (クロエ) のアイテムを取り入れたコーディネートを紹介!

ブランドの情報を編集する
Latteの会員に登録(無料)すると、ブランド情報を編集することができます → 会員登録(無料)
※すでに会員登録している人は、ログインすると編集ができます。
※本サイトでは正確な情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されていることがございます。また、会員の方が追加・編集している情報もあります。本サイトでは情報が正しいことを保障しておりません。あらかじめご了承ください。
※掲載情報に間違いを発見した場合には、お問い合わせよりご連絡ください。
会員登録ログイン
Latteに会員登録すると……
セール情報がメールで届く!ユーザ同士で情報交換ができる!